私がお手伝いします。

あなたは、自分が他の人とは「なんか違う」と感じていますか。

もしイエスなら、私と同じです。笑

私は日本人なのに、日本がいるべきところではないと長いこと感じていました。

​好奇心旺盛で、世界に飛び出したい気持ちで溢れていました。

高校生になったら絶対留学!・・と決めたものの、親の反対で叶わず。

でも、夏休みを利用していろんな国へ短期留学はさせてもらいました。

ベルギー、フランス、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、オーストリア、韓国、シンガポール

新しい国で新しい人と出会い、新しい言語を学ぶたびに私の情熱はヒートアップし、

ついに高校卒業後、せっかく入った大学を中退し、アルバイトをしてお金を貯めて、21歳でオーストラリアへワーホリで渡りました。ところが、それまで日本での生活に嫌気がさしていたのに、オーストラリアへ住みだしたら日本が恋しくてホームシックになったのです。

英語も、高校では選択で取っていて得意科目だったし、会話も他の生徒と比べたらなかなかできる方だと思っていたけれど、実践ではほぼ役に立たず、とても悔しい思いをしました。

海外で起業して外国を飛び回る仕事をしている今、その時の自分から予想以上に成長したなあと感じます。

なんどもなんども挫折を経験して、でも諦めずに今の自分があるのは、夢を叶えたいという強い意思が常に自分の中にあったからだと思います。そして一つ夢を叶えるとまた新しい夢ができて、人はこうして常に成長していくものなのだと最近ひしひしと感じています。

夢に向かって突っ走っていると、転ぶこともあるし、壁にぶち当たることもある。

でもそんな時に周りの人が助けて応援してくれて。特にコーチングに出会ってからは様々な背景をもつ方々と知り合い、人生観について学び、今の自分を形成するとても重要なきっかけとなりました。

「助言は、自分が欲しいものをすでに持っている人からのみ聞け」

Listen to the advice from the person who already got what you want.

​コーチの一人が言ってくれた言葉です。自分に本当に必要な情報を、上手に受け止めて